Real Estate Menu早く売りたい -不動産買取-

  • ホーム  >  
  • 早く売りたい -不動産買取-

不動産を早く売るなら不動産買取Real Estate Menu

不動産の売却には、仲介売却の他に「買取」という方法があります。個人が買い手になる媒介仲介に対して、不動産会社が買い手になる買取では、物件をすぐに現金化できるなどのメリットがあります。うまく物件を売れるか不安な方は、買取を賢く使うことで不動産売買のリスクを減らすことができるでしょう。このページでは不動産買取のメリットや種類について紹介していきます。

不動産買取とは? 
-仲介と買取の違い-

不動産買取とは? -仲介と買取の違い-

不動産を売却するには、不動産会社に買い手を見つけてもらって売る「媒介仲介」の他に、不動産会社が直接買う「買取」があります。買取では、買主が不動産会社なので、媒介仲介のように広告を出すこともなければ、不特定多数の人が内見をすることもありません。売主は条件がまとまれば、すぐに不動産会社との売買契約に進むことができます。不動産会社は買い取った物件をリフォームなどして、金額を上乗せして売って利益を出しています。

不動産買取のメリット

不動産買取のメリット

不動産買取のメリットは、仲介手数料が発生しないことです。仲介売却では、買い手を見つけてくれた不動産会社に対して、売買価格×3%+6万円+消費税(売買価格が400万円以上の場合)を上限に仲介手数料を払わなければなりません。不動産買取では、この仲介手数料が発生しません。

また、買取はすぐに現金が欲しい方におすすめの売却方法です。なぜなら、媒介仲介ではいつ売れるかはっきりわかりませんが、買取では交渉がまとまれば土地の測量や建物解体など特段の条件が無い限り、売買契約から引渡しまでの期間が媒介仲介に比べ圧倒的に早く、つまり現金化が早いということになります。また、買取では瑕疵(かし)担保責任も免除されることも多く、その場合は物件を売却してから瑕疵が見つかって責任を負うことがありません。なお、媒介仲介と異なり広告や宣伝を行わないので、家族や近隣に知られず速やかに売却したい方にもおすすめです。

2つの買取方法 
-即時買取・買取保証-

2つの買取方法 -即時買取・買取保証-

不動産買取には、2つの買取方法があります。比較して、ご自分の希望に合わせて使い分けましょう。

即時買取

買取額の交渉が終わってすぐに不動産会社が買い取ってくれるのが即時買取です。市場での販売は一切行われないため、最も早く現金化できる方法と言えるでしょう。市場価格よりも多少安い価格での売却になる点には注意しておきましょう。

買取保証

買取保証

買取保証では、一定期間は市場で物件が売りに出されます。しかし、一定期間が過ぎても売却できなければ、不動産会社が事前に約束した金額で買い取ってくれるという契約です。媒介契約の場合はいつ売れるか分からないために資金計画などを立てづらいというデメリットがありますが、買取保証の場合はそのデメリットを担保してくれます。なお、期間内で売却する場合には仲介手数料が発生しますが、買取になった場合には発生しません。