Real Estate Menu高く売りたい -仲介売却-

  • ホーム  >  
  • 高く売りたい -仲介売却-

物件を高く売るなら仲介売却Real Estate Menu

不動産を売却する際には、不動産会社との契約が欠かせませんが、契約の内容によって、さまざまな特色があります。どの契約を選ぶかによって、物件の売却価格の高さやタイミングにも影響が出るので、比較・吟味してご自分に合った契約を選ぶことが重要です。このページでは、不動産会社との契約には、どのような種類の契約があり、それぞれどのようなメリットがあるのかについて紹介していきます。

仲介売却とは?

仲介売却とは?

不動産を売却する方法には、不動産会社が買い取る「買取」のほかに、不動産会社が見つけた買い手に売る「仲介売却」があります。仲介売却では、不動産会社が広告活動や販売活動を行い、購入希望者とのマッチングを図ります。実際に売買契約が成立した際には、不動産会社に仲介手数料「物件価格の3%+6万円」(取引価格が400万円超の場合)を支払います。

仲介売却のメリット

仲介売却のメリット

仲介売却のメリットは、買取よりも売却価格が高額になることです。不動産会社としても高い値段で売ったほうが、より多く仲介手数料が発生するので、積極的に販売活動を行ってくれます。しかし、売却のタイミングが予測しづらいため、資金計画のプランや住替えの計画が立てづらい点には注意しなければなりません。

媒介契約とは? 
-専属専任・専任媒介・一般媒介-

媒介契約とは? -専属専任・専任媒介・一般媒介-

媒介契約には「専属専任媒介契約」「専任媒介契約」「一般媒介契約」の3種類があります。
専属専任媒介契約もしくは専任媒介契約を選択した場合、他の不動産会社に売却を依頼することはできません。専任媒介契約では、売主自身で買い手を見つけた場合、媒介契約の履行に要した費用を払うだけでよいのですが、専属専任媒介契約の場合には違約金が発生します。

また、専属専任媒介契約では週に1回、専任媒介契約では2週に1回、不動産会社が売主への販売状況を報告する義務があります。さらに専属専任媒介契約では契約締結から5営業日以内、専任媒介契約では7営業日以内に、不動産会社が物件をレインズに登録する義務があります。

3つの媒介契約の特徴

3つの媒介契約の特徴

それぞれの媒介契約のメリットをご紹介します。どのように使い分ければいいのか見ていきましょう。

専属専任媒介契約

3つの媒介契約の中で、最も報告頻度が高く設定されているため売主が販売状況を把握しやすいというメリットがあります。また、媒介契約を結んだ不動産会社だけが買い手を探すことになるため、専任よりも積極的に販売活動を行ってくれる傾向があります。しかし、販売を一任した不動産会社の力量に売却価格や時期が左右されるため、依頼する際は不動産会社を慎重に選ばなければなりません。

専任媒介契約

専任媒介契約

専任契約でも、販売状況の報告が義務になっているため、売主が販売状況を把握しやすいのがメリットです。他の不動産会社が販売できないため、販売活動に力を入れてくれるケースもありますが、逆に競争が起きずに営業が活発にならないケースもあります。信頼できる不動産会社と出会えれば、任せる意義が大きいでしょう。

一般媒介契約

一般媒介契約

複数の不動産会社に仲介を依頼できるので、買い手の幅が広がり、競争が生まれるので営業活動が積極的になりやすい傾向があります。しかし、販売状況の報告義務がないため、不動産会社がどのような活動をしているのかを売主が把握しづらい点は注意が必要です。レインズに登録義務がないため、売却していることを公にしなくていいというメリットがありますが、物件情報が広がらないというデメリットもあります。人気エリアの物件を持っている売主や、物件の売却を知られたくない売主におすすめの媒介契約です。

Pick Up!-REINS(レインズ)とは?-

Pick Up! -REINS(レインズ)とは?-

「レインズ(REINS)」とは、「Real Estate Information Network System」の略で、「不動産流通標準情報システム」を意味します。国土交通大臣から指定を受けた、不動産流通機構が運営しているコンピューターネットワークシステムで、不動産会社同士で物件情報を検索できるようになっています。不動産会社は、レインズに売りたい方や貸したい方の情報を登録して、業界全体で連携しながら不動産取引を行っています。

レインズを利用するメリットとしては、不動産取引が媒介契約制度に基づいて安全に行われることや、豊富な取引事例を参考にして適正価格での取引が行われることが挙げられます。また、業界同士で連携するため、不動産取引がより円滑に、よりスピーディーになることもメリットと言ってよいでしょう。