Real Estate MenuQ&A

よくあるご質問Real Estate Menu

こちらのページでは、春日市・大野城市で不動産業を営む「はるひ乃不動産」が、不動産取引の際にお客様からよくお寄せいただく質問をQ&Aの形でご紹介しています。こちらで解決できないご質問がありましたら、お気軽に当店にご相談ください。

次の内容についてのご質問にお答えします

費用について
Q.売却にはどんな費用がかかるの?
A.仲介手数料や抵当権の抹消費用、契約書に貼付する印紙税などが発生します。また、譲渡益が出た場合には、所得税等がかかる場合があります。
Q.売却にかかる税金が不安です。
A.一般的な内容であれば担当者がお答えします。また、個別に税理士による無料相談会も行っています。
Q.売却を中止しても手数料は発生するの?
A.仲介手数料は成功報酬ですので、売買契約が成立しない場合にはお支払いいただくことはございません。
査定について
Q.査定は無料で行ってくれるの?
A.査定は無料で行っています。査定後に売却をしなくても差し支えありません。
Q.査定額はどうやって算出しているの?
A. 市場動向や周辺の取引事例、売出事例を参考に、物件の特性や状況を加味して算出するのが一般的です。
Q.売出し価格はどうやって決めるの?
A.査定額を基に、売却プランを提案させていただきますが、最終的にはお客様にご判断いただきます。
売却について
Q.住んでいる最中や、賃貸中の物件でも売却できる?
A.可能です。多くの方が住みながら売却されています。また、賃貸借条件を引き継ぐ条件での販売も可能です。
Q.販売活動は具体的にどんなことをするの?
A.当社ネットワークを通じた登録顧客様へのご紹介のほか、ホームページへの掲載やチラシのポスティング・住宅情報誌への掲載、オープンハウスの開催、 周辺住宅へのご紹介、指定流通機構(レインズ)への登録、不動産業者等への紹介などを実施いたします。
買主様の見学について
Q.購入希望の方の見学はいつ、どのように行われるの?
A.見学の日時はあらかじめ連絡させていただきます。もしくはオープンハウスを開催して公開している時間帯に自由に見学してもらうことも可能です。
Q.売主は、見学の際には何をすればいいの?
A.ご準備としましては、窓を開けて換気をし、部屋をキレイにして、それぞれの部屋の明かりをつけておいてください。ご見学者様から質問をされる場合もありますので、可能なかぎりお答えください。
売却時の手続きについて
Q.売却にはどんな手続が必要なの?
A.国土交通省が定めた標準媒介契約約款に基づき、お客様と当社との間で媒介契約を締結していただきます。また、所有者が売主様ご本人様であることを確認するため、権利証または登記識別情報通知書にて本人確認をさせていただきます。
Q.代理人でも手続きは可能ですか?
A.手続きは可能ですが、委任状などの書類が必要になります。
契約について
Q.重要事項説明ってなに?
A.不動産会社の宅地建物取引士が、買主様に対し、売買物件や取引条件に関する一定の重要事項の説明をすることです。宅地建物取引業法で、契約が成立するまでの間に、買主様に対して重要事項説明をすることが義務づけられています。
Q.媒介契約にはどんなものがあるの?
A.媒介契約には専属専任媒介契約、専任媒介契約、一般媒介契約の3種類があります。詳しくはこちらのページをご覧ください。
買換えについて
Q.買替えってどうやるの?
A.売却を先に行う「売却先行」と購入を先に行う「購入先行」の2種類があります。それぞれメリット・デメリットがありますので、ぜひご相談ください。
Q.売却先行と購入先行、どちらが良い?
A.ケースによるため、どちらが良いとは一概にはいえません。売却先行では資金計画は立てやすくなりますが、仮住まいが必要になるケースもあります。逆に、購入先行では転居のスケジュールは立てやすくなりますが、売却のタイミングによっては資金繰りが心配になります。
空き家について
Q.空き家にはどんな問題があるの?
A.しっかり管理されていれば問題ありませんが、管理されずに老朽化が進むと、倒壊などの恐れがあります。また、不法侵入や放火など治安上の問題も発生しやすくなります。
Q.空き家を相続しても使わない場合はどうすればいいの?
A.需要があるなら貸し出すのがおすすめです。老朽化して使うのが難しければ、取り壊して更地にするか売却するかのどちらかがおすすめです。